読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白目をむくような日々(°▽°)〜母ちゃんは今日も働くよ〜

ゲーマー虚弱体質旦那、ヘッドバンドを覚えた申年生まれの娘、そして私の日常。

呑気に長風呂してんじゃないよ。

冬将軍が近づいてきた今週の天候。


我が家のお風呂担当は母親のわたしである。

月一のアレの期間だけオットがムスメをお風呂に入れる。

ちなみに、産後8ヶ月頃を過ぎたあたりから、月一のアレが再開。

約一年半近く、生理痛(言うてもーてるがな)がなく、快適だったのが一変。

再開後の方が、ひどくなっており色々とやってみるものの効果はイマイチ。


そんな中、ムスメをお風呂に入れた後、待てど暮らせど出てこないオット。お風呂前になぜか袋タイプのジップロックを持って行ってた…。


ん??と思って、そろーっと洗面所へ行くと、ゆったり半身浴しながらなんか観てるやないかい。


私がムスメを入れているとき、まだかとまだかとムスメを着替えさせたらすぐに洗面所にムスメと来ては、リビングに帰るを繰り返し、早く出るようにと催促の嵐。

少しでも自分のために時間を使おうものなら『ムスメが〜』と逃口上。


そのデカめのiPhoneを湯船に浮かべてやろうか。

と、切に思うよねー。


ムスメの寝かしつけしてたら

お風呂入り損ねてわたしは寝落ちしてしまうオチ。

しかも翌日はいつもより早めの出勤。夜中にそろーっと入ろうとするも、肌をぴったりと寄せて寝てるムスメの感知スイッチは、おそろしく敏感でかつ正確であり、即起きる。


夜中1時前。泣き出すムスメ。

身体がポカポカでスヤスヤ眠るオット。

クソ野郎とつぶやき、ムスメを抱っこしてもらうよう起こして、急いでお風呂へ。


お風呂の温かさを感じながらも

俊敏に事を済ませお風呂を後にする。


ぎゅっと抱きついてくれるムスメを抱きしめて2回めの寝かしつけ。


この間オットとは会話がない。

してもお互い嫌な事を言うだけだから。もしかしたら何か言われたかもしれないが1日経って全く覚えていない。


そろそろスルースキルが身について来たかな。


いい傾向だ。