読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白目をむくような日々(°▽°)〜母ちゃんは今日も働くよ〜

ゲーマー虚弱体質旦那、ヘッドバンドを覚えた申年生まれの娘、そして私の日常。

町内会の掃除で見えてくる家庭事情

町内会の掃除があった。
我が町内(言っても、我が家は新参者です)、2.5ヶ月に一回は掃除がある。
引っ越してきてから5回目の掃除。
初めて、私1人で行った。
今まではオットと2人で行ってたが
1人で行くことに。

週末の晩御飯はオットが担当。
色々経緯はあったがそうなってから約2ヶ月が経ち、定着した。
晩御飯でほぼMPを使い果たすから
他の家事は一切できない、しない。
昨日もやたら手の込んだ(アボカド挟んだり、チーズを挟んでみたり。ミルフィーユ状のとんかつを作成)ものを作るから、揚げている途中で瀕死状態。
ピコンピコン(ポケモン世代)となりつつも、なんとか食卓におかずが並んだ。

食べてMP回復ならいいけど
睡眠で回復するタイプだからひたすら寝ている。

MP回復しないといけないので朝はめっぽう弱い、虚弱体質。
自分のためにしか動けない。

自分が元気でなければ
なにもしない。がモットー。

家の掃除もしないのに町内の掃除なんてするわけもない。

行ける人が行けばいい。
俺以外の人間が行けばいい。
と本気で思っている。

町内の掃除には旦那さんだけもいれば奥さんだけも、もちろんいらっしゃる。
どんな風にしてここに来たのだろう。
ここでは笑顔のあの人も、家ではげんなりすることもあるのかな。
ここでは率先して仕事をしてくれるあの方も、外面がいいだけなのかな。

…黙々と1時間、ひたすら落ち葉と向き合った。

気づいたことがある。

人は間違うものなんだ。
ただ間違いを自分自身が認めたくないんだ。
あっさり認めることで心が軽くなるのではないだろうか。

そう、人は間違うものなんだ。

良かれと思って一緒になっても
良くなかったことだってある。

ただいっときの感情で動かなければ、人はより良い方向へまた動き出せると思った。