白目をむくような日々(°▽°)〜母ちゃんは今日も働くよ〜

ゲーマー虚弱体質旦那、ヘッドバンドを覚えた申年生まれの娘、そして私の日常。

『ゲームをしてもいいが、寝起きはすっと起きろ。』

2018年になり、気づけば明日から初出勤。

ですが、旦那はこの正月に私と娘が帰省したことで味を占めたのだろう。

ゲームの日々が始まったのよね。

夜中から明け方までゲーム。やはり自室があるのは大きいよね。

 

昼夜逆転故、起きれば不機嫌。

『眠くて不機嫌だから。(だから許せ)』と言われ『は?』の言葉以外返すこともできない私は鬼嫁でしょうか?

 

ある意味、趣味があるのはいいことだ。

しかし家庭内の役割を果たしてこその趣味ではなかろうか。

誰かにその趣味をしているが故に嫌な顔や思いをさせていることに気づかず


『俺も(家事なり育児なり仕事なり)やってんだから好きにさせてくれよ』

なんて言うてきた時にゃ、口が存在しなくなるようにしてやるぞと思うよね。

 

ゲーマーの厄介なところは、熱中するとやめられないことではないだろうか。

ヘッドホンしてインカムつけてゲームをしている旦那を見ていると常々そのように思う。まさに自制がない。自制することが不可能のようなもの。

なぜなんだろうか。ゲームという架空の、空想世界のものなのに。

 

架空の、空想の世界だから、やめることができないのだろうか。

もしかすると…。

 

ゲームについて詳しくない私からすると未知の世界。

現実からの逃避なのだろうか。

だってゲームの中なら常に自分が主人公であり、友と協力し明確な何かを成し遂げることができる。

そりゃ楽しいわな。わかりやすいし(勝ったか負けたか。最後に勝って終わればいい。)楽しいし(自分が思うように動かせる。予期せぬ攻撃もそれまたスリル。)時間を忘れる(まさに没頭。)ことができるもんね。

 

現実世界はどこまでいっても正解も不正解もない。

我で決めるしかないから不安にもなるし誰かに認めてほしいこともある。

昨日はOK、今日はNG、明日は△なことも山ほどある。

そこにイライラしても何もないことは子育てで学んだ。

 

そういう意味では常に自己を肯定できる場としてのゲームは必要なのだろう、彼にとっては。

 

私も案外やってみたらハマるんだろうか。

我が家にswitchがあるのだが、まあ私が下手なこともあり(スプラトゥーンもマイクラも挫折)長続きしないのよね。

どんなゲームが合うのかも探ろうとしてないから、きっと今の私には不要。

 

『ゲームをしてもいいが、寝起きはすっと起きろ。』

これだけラインに送っておいて、私は寝よう。

 

仕事はインフルB罹患したスタッフがおるためマイナス要員で仕事スタート。

そのため送迎要員の手配をしないといけないのに所長は手を打たずに私に投げてくる…帰省の運転中やからこまめに連絡できないとか知らんがな!!!

 

2018年、一歩ずつ踏みしめてやってこ。

旦那が変わった。

2017年。終えますね。
今年は激動…?というか
常に流れがあった1年でした。

仕事、家族、家事、育児。
どれをとっても十二分に出来たわけもなく、ほどほどにも満たない。

ただ、唯一変わったことは
虚弱体質の旦那が少しずつ少しずつ、自分の体調のバロメーターを知り、予防することで、悪化を防いだこと。
それと、私が秋頃から管理職の立場になり『こうしてほしい!』と家事を大胆にも丸投げしたことを受け止めたこと。

つまり、旦那が少しずつ変わった。
私が変わるより圧倒的に変化した。

暗黒期を乗り切った気持ちですらある。


今、娘と旦那と3人でこたつで寝転がりながら、いつどうなるか分からない不安(離婚)は、だいぶ薄らぎ、1年1年、家族としての層を積み重ねていきたいと思えるようになった。


旦那が変わった。
これが2017年の一番の変化。

ありがとう。

ワーキングママにこそネットショッピングの時間が必要ではないだろうか。

  • 母倒れると家の時間がすべてストップする。溜まるごみ、洗いもの、洗濯物の山…

 

週半ばに感染性胃腸炎に罹患し、1日仕事はお休みをいただいたもののムスメも時を同じくして、オェオェになってしまいまして。

家事どころか買い物すら行けず、家はカオスな状態になりこれじゃ病原菌の温床ではないだろうかと思うが身体はボロボロ。

 

束の間の落ち着いた時間。何とかTwitterをひらく力があるくらいに回復した時に

「ネットショッピングをうまく使えば…せめて食べ物と飲み物さえあれば、ムスメは何とかなる…娘はバナナクッキーがあると機嫌もいいし…」

しかし、ネットショッピングを使う時間が普段ないのだ。

 

  • ネットショッピングの私的な考え(偏見?)

ネットショッピングといえば今はスーパーも展開している。

即日お届けは何もAmazonのプライムでなくても生鮮食品を取り扱っているショップならもちろん届くようになってきている。

 

ただ、スーパー経由のネットショップに私はそれほど魅力を感じていない。

野菜や魚、果物を目で見て買いたいなあと思っている。

しかし、それがある故に買い物へ行けず結果、冷凍食品や出来合いもので済ます日が多いのもまた事実であり…野菜がきれいにバランスよく並ぶ食卓を1週間続いたことは、まあない。

 

となると、八方ふさがり。はてさてどうしよう。

自分に合うネットショッピングと普段の買い物でうまく時間を有効活用できないものだろうかと。

 

  • 重いもの&定番商品はネットショッピング

 主に日用品や缶詰やレトルト食品など長期保存のきくものをネットショッピングにしている。Amazonar(アマゾナー)な私は送料が¥290かかってもAmazonパントリー」を使う。普段使うスーパーで買えないもの買う★とか思ってたけど、そこは小心者やから、定番のものか知った味のものしか買わない…。送料無料が当たり前になりつつあるけど、運んでもらうんだからお金かかるのは必然だよなあ~と今更ながら思う。

 

  • ネットショッピングをする時間をどこで設けるのかが重要課題(やっぱり)

私なんかはスマホやPCを触っていたらムスメがもちろん触りにくるし、病弱オットもわざわざ覗きこんでくる。オットは極度なAmazonarなため、ここには理解を示しているのがまだマシかなと思う。

こうやって今文章が打ててるのは、おんぶをしながらムスメをあやしているのとオットは遅れてやってきた感染性胃腸炎でぶっ倒れてるから。

隙間時間で何が必要かをリストアップして一気に注文するのが理想的ではあるものの

ネットショッピングやから他のページにも飛んでしまうんよね~

今日の私なんか気づいたら、リップクリームとムスメの保育園用の服をポチってたもんんね~。まぁでも必要なものに変わりはないからね!

 

自分の家事のルーチンの中にネットショッピングも1つの買い物の時間として設けることができればいいんだろうね。家にいても外にいてもネット環境さえあればどうにかなるんだけどなあ。便利だからこそ難しいってのもあるのかな。

 

 

 

冒頭で言ってた「バナナクッキー」はこちら。

ムスメ(1歳1ヵ月)大好きです。 

 

大げさすぎなしねぇか?そのため息。

おひさしぶりです。

どこかの誰かがこの記事を読んで『あーまだ我が家はマシか…』と思ってもらえたらそれでいいと思ってこのブログを書いてます。


2日前に娘、昨日私が感染性胃腸炎に罹患し、オェオェ、ゲロゲロになっておりました。

ムスメのマーライオンリバースにより何度こたつ布団を洗濯機にかけたことやら。。

今月で同居を終える私の母と妹も時を同じくして同症状で苦しみ、一族崩壊の道を辿っているところ、いつもは最初に崩れるオットがなんと元気ではないか。

『お父さんは、元気なんだよー』と38.2℃で関節痛にも苦しむ私の横でムスメを相手するオット。

最近やたら、サプリを飲んでいるのは知っている。果たしてそれの力なのか…??


本日の朝になりムスメ、私は症状緩和され、ムスメは保育園へ。私は半日だけ出勤することに。

そこでオットが朝から『熱っぽいー』とか、言い始めて。

熱っぽいってなんやねん、熱測れや。って思いつつ、なんて言葉かけしたかも覚えてないままに急いで朝の支度をしてムスメを保育園へ。


私は月末ということもあり仕事が立て込んでいた。昨日、急きょ休むことになってしまい仕事の段取りが遅れてしまったこともあり少々強行ではあるが仕事へ。

8:30→13時まで勤務し早退しようとしたところ、オットからライン!!


半日休み貰って寝てたけど、熱でたの。だから1日休みにして貰った。今家だよ。


は?すでに休んでたんかーーい!

休みの事後報告かなわんわー。


帰ってきたら、ヒィーヒィ言うてるけどその声がでかくてびっくり。


保育園から帰ってきたムスメもびっくりして寝つき悪い!


ため息やらしんどさで唸ってるやらで、ほんまやかましい。


そのくせ、youtubeの動画は見てるっておかしない?!


これはわたしの心の狭さなのか?!


今やっと ため息がおさまったので

ブログを書くことができたわ。


体調不良の時は寝室を別々にしたほうが良さそうやな。

なんか策を考えよう。



電動鼻水吸引器様々です。

12月初めから、中耳炎になり毎週末は耳鼻科受診。

中耳炎は繰り返す、と言われていて
症状が落ち着いたなあって思ったらまた悪化を繰り返してました。
(ムスメの場合、耳垂れ→あおっぱな→発熱を短い期間で繰り返えしました)

医師から受診のたびに言われていたのが

『お母さん、鼻水ちゃんと吸ってますか?!』でした。

ちゃんと、って言われる度に
ちゃんと吸ってますがな。と心の中でため息まじりに答えてました。

我が家は口で吸引するタイプの鼻水吸引器を使ってました。
薬局でも手軽に購入できたし、人気NO1とAmazonでも書いてたし。
己の吸引力を試されるかのごとく、ムスメの鼻水を吸っていましたがあまりに毎週末に『ちゃんと吸ってますか?』と言われると『これ、吸えてないってことよね』と気づきまして。

そして、年末に電動の鼻水吸引器購入。



届いて速攻使ってみると…

出るは出るは鼻水!!
吸うは吸うは鼻水!!

イラストで書かれた分かりやすい手順表を手元にしながら簡単に出来ました。

はじめは吸引器の電源を入れると鳴る音にびっくりしていたムスメ。
だんだん慣れてくると音は大丈夫に。
ただ、鼻水を吸われることにはまだ慣れず、ダンナと2人がかりで吸引してます。

けども、おかげさまで電動の吸引器に変えてからは悪化することなく無事に終診となりました。
それでも2ヶ月近く、通院していたので母ちゃんとしてはキツかった。

鼻がかめないうちは、吸引器が便利だと思うしやっぱり電動は威力が違いますね。
ムスメが口を閉じてすやすや眠る姿を見て、よかったなあって思っています。



ムスメ、生誕1周年。記念フォト?手作りパーティ?してませんけど、

やたらタイトルが長くなりました。


我が家のムスメ、めでたく1歳になりました。

おめでとう、我がムスメ。

よく『この踏んだり蹴ったりな環境』で育ってきましたね。

我がムスメながら、たくましく敬意すら評したいです。


さて、子どもの誕生日といえば

〇ヶ月ごとに写真を撮ったり

ガーランドしてハッピーバースデーの帽子かぶって…。と、やっている方も多いと思います。

私もかつてはそっち派でした。


でも、しませんでした。

普通に誕生日を迎え、普通に日常を過ごしました。


単純に、生まれてきてくれたこと、誕生日を迎えられたことに感謝しました。

ムスメが1歳を迎えたことは本当に本当に当たり前ではないと思うし、私自身もお母さんとして丸一年経ってなんとか元気に過ごせてよかったなってしんみり思いました。


生後1ヶ月過ぎたころに転居。

3ヶ月過ぎた頃から保育園へ入園。

母である私も産後3ヶ月で正社員で仕事復帰。復帰2ヶ月でフルタイムの8時間、週5日勤務へ。

風邪や中耳炎による熱発で早退、度重なる受診、RSと重症肺炎で入院もありました。

職場に助けてもらって急な休みも対応してもらえたおかげで、私自身も低空飛行ながら乗り越えました。


本当にあっという間の一年。

きっと誕生日にむけていろんな準備をしてワクワクしてみたかったんだろうけど、日々の忙しさと『生命維持のための働き』が最優先で、そんな気持ちになれなかったなぁって思います。


お祝いする気持ち、これからもすくすく成長していってほしいと願う気持ちで今回の誕生日は許してねと思っています。




スタッドレスタイヤの交換と引き換えに15年入ってきたファンクラブを退会するはめに。

正直、今回の寒波をなめてた。
なんやかんやで、なんとかなるでしょ。って思ってたら甘かった。

日曜のお昼を過ぎても雪は止むことなく、ずんずん積もっていく。
今年はオットが珍しく12月入るや否や自分でタイヤの履き替えをしていた。何度か『そろそろタイヤの交換しないとね(自分でしてこいよ)』と言われていたが、余裕かましてた。

オットから『タイヤ交換しないと明日仕事にも保育園の送りもいけないよね。今から自力で替えるしかないよね。』と、言われる。
自分でタイヤの交換なんてしたことがなかった。タイヤ館で替えてもらっていたから替え方を知ることから始まる。
youtubeで検索してJAFの方がやっているよを参考にする。
焦る私を横目にオットは恐ろしいまでの交換条件を提示してきた。

『嵐のファンクラブを辞めて、再入会もしないなら、タイヤの履き替えを手伝ってもいい』と。

私はデビュー当時から嵐が好きでファンクラブに入っていた。そのことは以前から、何故か嫌がられていた。

まあ、察しはつく。

ものすごくいやらしい提案だ。
弱みにつけこみ兼ねてから嫌だったものを辞めさせるだなんて。
考えても抜け道はない。1人でタイヤを交換するのも正直自信がなかった。

今回はこの条件を飲み込む他ない。

『辞めるから手伝って』というと
『ラインでそれを送って(ファンクラブを退会して再入会をしません。と)』と。

なんとも、いやらしい。
冷ややかな目線になる。
どこまでねちっこいんだ。

ぐだぐだ言っても仕方ない。
ラインで送りましたよ。

タイヤの履き替えはスムーズにできた。オットに教えてもらい、ジャッキで車体を持ち上げ、ナットを外し履き替えることができた。空気圧もチェックし空気も入れることができた。

今回の一件でわかったこと。
リスクを減らすために面倒なことは先にすること。
証拠を残すようにすること。

大変勉強になりました.


悔しいなあ